こんにちわ揺れるハート
茨城県土浦市のトリミングサロン『アロハドッグ』のホームページです犬(笑)はさみぴかぴか(新しい)
お店の場所家&お問い合わせmail toコチラ
オーナートリマーの私の自己紹介ウサギコチラ
トリミングはさみ&ホテル料金三日月コチラ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへにほんブログ村 犬ブログ 看板犬へにほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ

2009年08月05日

キャサリンのリーディング会★アニマルコミュニケーター★ 中編

お待たせしました黒ハート

キャサリンリーディング会の後編です犬(足)

前編はこちらるんるん


前編では、
1私のカットをジョディが気に入っていないこともある笑
2なにげに5頭の順位は一番最下位だと思われていたジョディが1位
3私とアロパパは同率1位
4チップがウーっていうのは私への威嚇じゃなくてもっと私とお話したいと言ってる表現
・・ということが判明

ここまでのラインナップでも充分なんだけどぉ〜ダッシュ(走り出すさま)
この後また何を言われるかドキドキです顔(なに〜)



後編はみーちゃんの事からウサギ
ちょっと涙なしでは聞けませんでした・・ぐすっ顔(泣)


キャサリンの発言はピンクですぞ演劇


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私「ミニーは今11歳なんですが、
私が前ブリーダーに勤めているときに繁殖犬として働いていたこなんですね。
で、引退するということで引きとったのですが、
それまでいろいろ不自由だったとおもうんですけど覚えていますか?」

「ミニーちゃんから「6」という数字がずーーっとメッセージとして伝わってくるわ、「6」という数字に心当たりはないかしら?」



キャサリン記事0005.jpg


「実際彼女自身はそのことについて感じることは
「産むための機械だった」と。
ブリーダーに対しては、子どもを創らされて生まれたらすぐ子どもをとりあげられて
売りにだされてしまう。
で、また生まれたらお金のために売りに出されてしまうの繰り返しで
そういうことにたいして非常に不満をもっていたわ。
だから彼女にとってその経験は、
彼女自身はすごく性格的にも傷つきやすい性格だから、
非常につらい経験だったと思うの。」



泣・・・

そうだよね、ずっと閉じ込められて監獄みたいな生活だったよね。

当時の環境は、
体より一回り大きいステンレスゲージ、
下はアミアミになっていてもちろんおしっこもうんちも垂れ流しフン
バスタオルとかふかふかの毛布の上で寝たこともない三日月
清掃はやっているけど何百匹っていると、
どこかに汚れが残っていてそこから強烈に匂うどんっ(衝撃)


朝、夕2回30分くらいづつ運動場に出してもらえるけど
そこはコンクリート。
だからみーちゃんは5年間、土の上も歩いたことないし、
芝生のうえを走ったこともなかったの四葉

そんな中に24時間365日×5年いたの時計


うちに来たからには、土の上の感触とかいろんな所へいって
いろんな空気や匂いを嗅がせてあげたいと思ってる晴れ

そしていろんな体験をさせてあげたいと思ってて
こんなことを聞いてみた下





私「今、ウチにきて幸せなのか?どういう風にすごしたいとおもってますか?」

「彼女はやっとママに引き取られて
やっと自分が監獄からやっと釈放されて、
ちゃんとした、まっとうな生活に戻れたと思っているわ。
自分を引き取ってくれたことに関して非常にものすごく感謝しているわ。。」



キャサリン記事0002.jpg
上バンビ   チップ   みーちゃん
カートに乗って、家族そろってこれからお出かけっハートたち(複数ハート)


そっかぁ・・よかった・・顔(え〜ん)

みーちゃんとは出会う運命だったとおねえたんも思ってるハートたち(複数ハート)

まさかみーちゃんが(ブリーダーにいた時は名前が違うの)
里親犬として出されると思ってなくて、
飛び上がって喜んで社長に「譲ってくれexclamation×2」って言ったんだっけな。


犬舎にいた時は、ドッグフード出しても口をつけず、
すごく食の細い子だったのエサ


でも今は・・・笑

5頭の中でナンバー1位を争うほど、食に関心がexclamation

フードのほかにもトマト、キュウリ、お肉、
それになんといってもパンホネ
おうちで朝焼きあがる、自家製パンが大好き黒ハート

キッチンでパンを包丁で切ろうとするとね、その「サクっどんっ(衝撃)」って音が
リビングダイニングの端っこに居ても聞こえるらしく耳
「パン、パン、パン、パンーーーーーるんるん」って鳴きはじめます
パンに包丁を入れる音なんて普通きこえないでしょあせあせ(飛び散る汗)
みーちゃんの食への執念、、すごいんだ〜エサ揺れるハート


それにパンを入れる専用の袋がカシャカシャいう音にも反応するし、
パンを焼くトースターのチンって音にも反応ひらめき
いや、その前にトースターをジジーーってダイヤル回す音(古い?)で
鳴きはじめるんだから演劇
パンを焼いてるとは限らないのにさ〜顔(ペロッ)


「で、あと彼女はすごく繊細で物事を深く考えるわんちゃんなの。
やっぱり自分の産んできた子どもたちのこともすごく気にかかっているの。
自分の子どもたちは元気でやってるのかということをすごくかんがえているわ。
それは今でも考えているの。」



私「このこ(バンビ)が生まれた子の一人です。」

「自分の産んだ子の1頭が自分の近くにいるっていうことは
彼女にとってすごくいいことだとおもうわ。」


「なかにはわんちゃんによっては産んでもそんなこときにしないわんちゃんもいるの。
ミニーちゃんはミディアムソウルで何回か生まれ変わっているから
しっかりとした意識を持っているわんちゃんなの。
だからそういった産んだ子が売りに出されて、
機械のように扱われてまた売りに出されてしまう・・
そういうことはすべきではないということを理解している子なの。」

「この2頭のわんちゃん(ミニーとバンビ)はすごく関係が深いわ。
だからチップちゃんが少しジェラシーを感じている。。」


そういうことかーー顔(笑)
そこにもチップはヤキモチ焼いてたのねハートたち(複数ハート)

ほんとにミーちゃんとバンビはいっつも一緒でムード
どちらかっていうとバンビがママのミーちゃんにべったりなんだけど
お庭でお昼寝してる時もミーちゃんのお腹にアゴのせて寝てる仲良し母娘なんだ犬(泣)犬(泣)眠い(睡眠)


キャサリン記事0007.jpg
上今はとっても幸せなミーちゃん(真ん中)揺れるハート
と、ヤキモチ焼きなチップくん(右)



私「じゃあもっとチップに愛情を私があたえたほうがいい?」


「基本的にわんちゃんにもいろんなタイプのわんちゃんがいて、
ジョディちゃんに関しては古い魂なのでほんのちょっとかまってくれればいいって感じで
常にかまわれてる必要はないわけなの。
アロハちゃんはすごく明るくて楽しくあそべるので
誰にかまってもらわなくてもけっこう楽しく遊べるの。
だけど、チップくんは少しかまってほしいタイプみたいね。」


IMG_9676.jpg
上大人なじょっちゃんぴかぴか(新しい)
「たまにかまってくれれば、いいよ揺れるハート



ほんと言うとおりだわ顔(なに〜)

ジョディはほんとマイぺースで
なでてほしいときに手元をクイクイって鼻で触ってくるんだけど、
ずっとベタベタしてくる子じゃなくて、
気がすんだら好きな所で昼寝始めるみたいな子だし晴れ眠い(睡眠)
ほんと自立してる子なの。

アロハはけっこうかまってほしいタイプだと思うんだけど、
庭から飛んでる鳥をバードウォッチングしたり、
猫に吠えてみたり、虫を捕獲してみたり・・・
と、何かといつも遊びを見つけて庭を駆け回ってる
小鳥あせあせ(飛び散る汗)犬ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

キャサリン記事0004.jpg
上駆け回るアロハ


ただチップはじめダックス達は、ほんとベタベタで、
つねに抱っことかして、かまっていてほしいタイプ。

そのなかでもチップは

「これは一つの彼にとってはゲーム的な部分があって、
パパに抱っこされている分でも全然かまわないの。
すごく自分も幸せ、抱かれてて幸せなんだけど、
ただやっぱりママにたいして他の2頭のダックスのわんちゃん(ミニーとバンビ)がいつも僕よりかまってもらってる感じがするということで、
それにたいして先ほどのウーっていうのも、
ママの注目をあびたいということとも関わってると思うわ。」


ゲーム顔(イヒヒ)

「そしてミニーちゃんとバンビちゃんは、
そういうチップちゃんのママにたいして気をひこうとする行動を
少しちょっと不快におもっている部分があるみたいね。」


へ〜ダッシュ(走り出すさま)
ミーちゃんとバンビは
「ちっぷ〜ちょっといいかげんにしなよ〜ママこまっちゃうじゃん」
っておもってくれてるんひらめき
たしかにそれはあるかも。
そういうときってみーちゃんとバンビは
「関わりたくない」って顔してるんだよね〜。


「ただ実際ママが3頭のダックスのワンちゃんたちに
いかにそれぞれ接しているかということはまったく問題ないわ。
ただ犬同士の問題で、ママがどうこうしよう問題ではなくて犬同士で解決すべき問題で、
どのわんちゃんをすごく可愛がってどのわんちゃんをぜんぜん可愛がらないということはいっさいないと思うし、
公平に扱っていると思うわ。」


キャサリン記事0006.jpg
上アロママとダックス達犬今年の春、宍塚大池にてカメラ


そっかーそう言ってもらえると嬉しいわグッド(上向き矢印)

多頭飼い5頭ってほんと1頭飼いの5倍、
いやそれ以上愛情がないとわんこたちは欲求不満になっちゃう。

みんなヤキモチ焼きだから、手が2つじゃ足んないのよー手(パー)手(パー)

かといって、基本はわんこ同志で話し合ったり、支えあったり、
不安・喜びを分かち合ったりしてるんだよね。
自然と序列もできていくし、本気の喧嘩はまったくありません。

でも、ふざけてじゃれあって、それが痛かったりしたら
どっちかがキレて「痛てーな、このやろーどんっ(衝撃)」みたいなガウガウにはなってるけど顔(イヒヒ)

IMG_9753.jpg
上喧嘩勃発中・・・w


ちゃんと、どちらかが「すみませんしたーーふらふら」で終わるし、
そのいざこざには私はいっさい介入しません手(チョキ)

「3頭のダックスフントはどちらかというとママにたいして深いものを感じているの。
ただアイリッシュセター(アロハ)はパパの犬だと思っているわ。
いつもパパを喜ばせようと思ってる。
アロハちゃんはさっきも言ったように若い魂なので
なにかしらすぐ興奮していろんなことに興味をもって、
テンションの高い子でパパのことを喜ばせようと思っているのよ。」


キャサリン記事0008.jpg





ぷぷぷぷぷー黒ハートダックス達は私命なのね〜顔(メロメロ)
でもアロハは
たしかにアクティブな犬種だし、
一緒に走ってくれる人が好きなんだろうなあダッシュ(走り出すさま)

「それでジョディちゃんは古いたましいなので均等にパパとママのことを思っているわ。
ただいつもいつも自分がかまわれてなくても大丈夫だと言っている。」


「ですからさっきも言ったように
アロハちゃんは自分をダックスフントだとおもっているので
狭い所に入って行こうとしたりっていうのは自分の体にたいして認知がこんな大きい体だとは思っていないの。
他の3頭のダックスフントの真似をしようとしているんだけど
「なんかうまくいかないなあ〜」と思ってることもあるようね。」



爆笑あせあせ(飛び散る汗)

IMG_9780.jpg
上ダックスと遊んでいる、自分をダックスだと思っているアイリッシュセター


「なんかうまくいかないなあ〜ふらふら」って思ってるんだ笑

とりあえず今回はここまで揺れるハート

後編はまた後日アップしまーす手(チョキ)



拍手する







2009年08月03日

■動画■看板犬ミニチュアダックスのフラダンス〜♪


今日は夏らしい可愛い動画をお送りしまーす晴れ

うちの看板犬チップバンビのフラダンスですGood


最初はバンビ(娘)の癖であったフラダンス、

見ているうちにパパのチップも真似するようになりました顔(イヒヒ)




どうぞご覧ください黒ハート




可愛いでしょ揺れるハート

鼓笛隊みたいな音にも聞こえるよねカラオケ



このおかげで、うちのリビングのサッシは傷だらけなの〜顔(なに〜)

ちょうど床から30cm位にライン状に爪の傷跡がぁ・・どんっ(衝撃)




でもまぁ、フラダンスるんるんっていうより、じつは・・

晴れ暑ちぃーからはやく家の中入れろ〜犬犬ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

って言ってるんだけどね〜 顔(ペロッ)



あなたも踊りたくなったらポチポチよろしくー揺れるハート

拍手する



ニックネーム アロママ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | うちの看板犬たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする