こんにちわ揺れるハート
茨城県土浦市のトリミングサロン『アロハドッグ』のホームページです犬(笑)はさみぴかぴか(新しい)
お店の場所家&お問い合わせmail toコチラ
オーナートリマーの私の自己紹介ウサギコチラ
トリミングはさみ&ホテル料金三日月コチラ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへにほんブログ村 犬ブログ 看板犬へにほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ

2009年09月30日

那須に犬連れキャンプにいってきたよん♪



連休中は那須へ遊びにいってきたよんハートたち(複数ハート)


泊るところは以前みーたんと一緒にいった「コテージ わんず」さんに
お願いしようと思ったら予約で満杯たらーっ(汗)
連休直前に電話したんだからそりゃそうだよね顔(なに〜)

ほかのペンションやコテージを探してみるものの満杯だったり
いまいちシックリこない・・ー(長音記号2)
なんかみーたんがいないのに、うちらだけ新しい所に泊るのは
申し訳ない気持ちで、気が進まなくって猫(泣)


で結局、アロハ家は初キャンプをすることにexclamation×2


わんこ専用車「バモちゃん」に荷物を積んで〜車(セダン)
わんこを積んで〜犬

IMG_0104.jpgIMG_0096.jpg

超満タンなんですけど・・載積超過並みかも!?




れっつらゴー黒ハート




第一日目

土浦を16:30出発ダッシュ(走り出すさま)
今晩の泊る場所は未定ー(長音記号2)
那須の那珂川付近で適当にテント張る場所を探す予定・・
が着いたのは20時頃。
あたり真っ暗三日月あたりまえだけどw

コンビニで地図確認とかして焦ってる時に
リアシートのほうから
「ビリビリビリーーっどんっ(衝撃)」って音がexclamation×2


ジョディがなんか食っているexclamation&question
トイレシーツかなと思って「コラーー演劇」っと見ると
なんとーーあせあせ(飛び散る汗)積んであったテントを食い破っているーーーがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

泊る場所も決まってないのに
自爆じゃねーかー顔(なに〜)


「もう車中泊か・・」とあきらめかけていたとき、
看板のない河川公園らしき所を発見ひらめき
下は草だし、痛くなさそうGood
そこに宿泊決定〜Clap


幸いさっきジョディが食い破っていたテントは
テントの入っている袋だけで本体は無傷・・奇跡顔(ペロッ)
でも袋はボロボロ。笑うに笑えないがよしとしよう手(チョキ)

バモちゃんのヘッドライトで設置場所を照らしテントを設営家
アロパパも初設営にしてまあまあの出来
そのあいだ私は夕飯のクッキングレストラン

クッキングって言っても、とりあえず今晩はレトルトカレーw
だってキャンプ初めてだし、勝手が分んないんだもん顔(ペロッ)

飯ごう炊飯は持ってきたけど中学の林間学校以来だし
炊き方も分んなかったけど、なんとなく弱火で20分位グツグツ

期待できそうなご飯のあの炊きあがった匂いがしてきてホッとした〜ダッシュ(走り出すさま)
スープ代わりにチャルメラも作った

テントにみんな犬収納しておやすみなさーい三日月






2日目

朝方、ちびっこ達(チップ&バンビ)がピーピー鳴く演劇

IMG_0295.jpg

↑ちびっこ

おちっこに行きたいのかなと起きてみた晴れ
起きて周りをみると、なかなか整った公園だったことが判明目
昨夜は暗くて分んなかったけどね顔(イヒヒ)



さっそくみんなのごはんエサ

IMG_0081.jpg

空気もよくって気持ちいいね


人間達のご飯は昨日近くのスーパーで買っておいた
食パンとベーコンエッグとお味噌汁

IMG_0083.jpg

周りには水道もなくってウチから持っていった12Lのタンクに汲んでいった水しかない

顔や手を洗うにも、料理をするにも、わんこにあげる水も
ほんと貴重で・・いつも好きなだけ水を使っていたんだなぁと反省顔(汗)
なんか原始人ホネになった心持ちw


朝ご飯を食べ終わって、ちょっと休憩喫茶店
わんこ達も自由にお散歩

10:00に那須ガーデンアウトレットでアイリッシュセター茨城組の
バーディちゃん家と待ち合わせのお約束


まだまだ時間があるし、温泉に行きたいな〜なんて思ってた


ら・・・・exclamation×2

アロハが草むらから出てきたと思ったら
なんかクサイーーーーーっどんっ(衝撃)
背中がカピカピしているたらーっ(汗)
絶対なんかくさいものスリスリしてきたーーーーーexclamation×2最悪

ど・う・し・よ・お・・・がく〜(落胆した顔)

とりあえずシャンプーしないことにはどうも出来ない
でもこのままじゃバモちゃんに載せられない

そうだひらめき
ゴミ袋をかぶせよう顔(ぷんっ)
土浦市の燃えるごみ40Lのゴミ袋を持ってきたはずあせあせ(飛び散る汗)

頭の部分と前足の部分を破いて着させた
裾はしばって手(チョキ)

IMG_0094.jpg

↑アロパパに怒られてるの図w

とりあえず水のあるところへ
近くの道の駅の駐車場で石鹸でシャンプーいい気分(温泉)

IMG_0095.jpg

「さむいっていうより、はずかしいんですけど・・」byアロハ

駐車場には車がいっぱい車(セダン)車(RV)バス
観光客がこっち見てるし〜

「家がないのかしら〜」みたいな視線・・w

きっと、「犬と放浪の旅をしている若夫婦」と誤解されたに違いない顔(笑)


でもアロハのクサクサはとれてスッキりぴかぴか(新しい)

そのおかげでうちらの温泉はおあずけとなってしまいましたがね顔(チラッ)ジロリ



10:00  アウトレット到着

IMG_0126.jpg

ドッグデプトのドッグランを視察に行くと〜
なんと偶然にアイリッシュセター那須組のコークくん&アーリーちゃんを発見犬犬

コークパパともお久しぶりに再開
バーディちゃん家も到着して

楽しい旅行になりそうハートたち(複数ハート)


みんなで水遊びがしたいって事で
綺麗な川へ移動車(RV)車(セダン)



ジョディがノリノリ揺れるハート

IMG_0178.jpg

12歳になってお家ではお庭でほとんど寝ているけれど
どうしちゃったのってくらいイキイキしてたるんるん

水だいすき〜霧ボールもだいすき〜野球

IMG_0207.jpgIMG_0199.jpg


アロハもあんまり水好きじゃないのにご機嫌ーーグッド(上向き矢印)

IMG_0149.jpg

「おねーたーんっ揺れるハート


そしてフレームアウトカメラ

IMG_0153.jpg




水温はかなり低かった牡羊座
水の深さは10cmくらいかな〜

骨が痛くなるほど冷たかったらしいんだけど(私は入らず)
バンビもチップも川に入っているアロパパの元へ行こうと近づく

IMG_0158.jpg


しばらくして・・・

IMG_0161.jpg
ガタガタ・・・

IMG_0166.jpg
ブルブル・・・・

アロハ達大型犬は足先だけ浸かってるだけなんだけど
ダックス達は胸まで浸かっちゃてるたらーっ(汗)

冷たいんなら入らなきゃいいのに〜と思うのにね〜顔(イヒヒ)
可愛いにゃ〜揺れるハート



いっぱい遊んだあとはお腹が減ったー

レストランが敷地内にあるドッグランに移動
今度は陸地でひとっ走り

いっぱい遊んだ後は待ちに待ったごはんレストラン
広いウッドデッキのテラスで気持ち良かった





「ぼくたちのはーーー???」





お腹いっぱいになったら今度はおっ買いもの〜るんるん

ドッググッズショップの「BROTHER」さんへ

明るいオーナーさんがセンスのいいわんこグッズで店内はいっぱい

買う予定はなかったアロハ家ですが
ついついつられて(?)オーダーの可愛いパーカーを購入


2,3週間後にお家に届くので楽しみィーかわいい



17:00
今夜のお宿は予約してある
オートキャンプ場の「アカルパ」

IMG_0340.jpg

わんこ大歓迎でドッグランもあるらしい四葉

バーディちゃん家にもお付き合いいただきドッグランで遊んで
お開きClap
バーディちゃん家、遊んでくれてありがとーハートたち(複数ハート)
また遊ぼうねわーい(嬉しい顔)



今夜は日が落ちないうちにテントの設置をしましたよんw
とりあえず家が完成して安心家ぴかぴか(新しい)
朝入りたくてもアロハのせいで入れなった近くの温泉へゴーいい気分(温泉)

テントに戻りクッキング
帰りに今晩の酒のつまみに「腸詰屋」のハーブ荒挽きウィンナーをボイル
おでんとカツオのたたきとキノコ炒めとそして那須高原ビールビール


チップとバンビを膝の上にのせてかんぱーーいビールビール

IMG_0274.jpg

那須の夜はもう結構寒い〜雪
でも2頭の体温でほっこり温ったかい
幸せ顔(メロメロ)


でもみーたんと来たかったな・・とおもったら涙がでてきて
ビールがしょっぱくなったふらふら

「みーたんはいつも一緒だよ」とアロパパが言ってくれた

「うん。そうだね」

と、夜空を見上げた花火
みーたん星☆は見えなかった

やっぱり私のなかにみーたんはいるんだなぁ黒ハート



3日目


朝方から雨がふっているーー雨雨

IMG_0317.jpg

「ねむい  わたち、でたくない」
上寝袋からでてこないバンビ

キャンプ初体験にして雨まで体験するとは・・
さすが雨男雨女カップルですわ・・もうやだ〜(悲しい顔)

雨でも人間だけならいいけど、わんこ連れだと散歩も出来ないし
困るんだよねーたらーっ(汗)

IMG_0322.jpg
IMG_0303.jpgIMG_0301.jpg

テントのなかにわんこ達を待たせてテント前の屋根のあるスペースで
朝食作り
IMG_0330.jpgIMG_0322.jpg

チーズトーストにスクランブルエッグ、昨日の残りのウィンナーなど
お外で食べるとなんでもウマイ

ワンコ達もご飯だよーーエサ

IMG_0334.jpgIMG_0338.jpg

そうこうしてるうちに雨が上がって日が出てきた晴れ
わーーいツイてるんだかツイてないんだかw


今日は最終日

那須のガーデンアウトレットでお買いものふくろ
那須はわんこ連れがほんとに多かった
でも4頭連れてるとさすがにジロジロ見られるけどね目

IMG_0341.jpg

「うわー背中にハート」「えーしっぽかわいいー」とか・・
完全にウチのコトだわ耳

下ドッグデプトのカフェでランチ喫茶店

那須0002.jpg

カフェ前のドッグランにはわんこがいっぱい遊んでた

IMG_0359.jpg

帰りは渋滞がひどそうで下道で帰りました車(セダン)
帰りの車の中でも、みんな爆睡ーーー眠い(睡眠)眠い(睡眠)
楽しかったんだろうな揺れるハート

キャンプ初体験にしてすでにハマってしまったアロハ家
また新たな趣味が増えて嬉しいなるんるん

IMG_0361.jpg

次はどこにいきますか黒ハート  みなさまグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


帰宅後も爆睡のチップ王子下

IMG_0372.jpg

ちゃんと枕して寝てるし顔(イヒヒ)




拍手する




ニックネーム アロママ at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

みなさま、ありがとう♪


お久しぶりです揺れるハート

また久しぶりの更新となってしまって
ご心配くださった方、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
また、前回の記事を読んでくださって
みーたん天使ウサギにお花をいただいたりかわいい
メールをいただいたりmail to・・
ほんとうにありがとうございましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

おはな2.jpg0001.jpg



おかげ様でとても元気にやっています手(チョキ)



連休中はゴルフに行ってコースデビューしちゃいましたゴルフぴかぴか(新しい)
スコアは聞かないでぇ〜w



那須へ行ったりしてました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
もちろんワンコも一緒です犬犬犬犬犬

下これは那須アウトレットのドッグデプトのカフェにてファーストフード

那須0002.jpg

うまく収まっていてお気に入りの1枚ですカメラ




そして・・これはというと・・下

私がアロハをいじめてるところww顔(イヒヒ)

那須0001.jpg

なんつってグッド(上向き矢印)



くわしくはまたアップしまーす虹




明日はお友達の結婚式バー
どんな髪型でいこーかなぁ〜リボン




拍手する



ニックネーム アロママ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベ〜ト♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

私の天使☆みーちゃん☆

ブログの更新がされてなくてご心配させてしまってすみません。
お気遣いのメールをいただいたみなさま、ありがとうございます。



私は今はとても元気ですが先月とても悲しいことがありました。



実はミニチュアダックスのみーちゃんが
8月18日の夜8時に亡くなりました。

11歳と8か月でした。

みーたん天使0002.jpg


みーちゃんが亡くなってから3週間経ちましたが、
毎日涙がでます。
お友達やたくさんのお客様から励ましと慰めの言葉をくださり
綺麗なお花を持ってきていただいたりお線香をあげてくださったり・・

みーたん天使0003.jpg

おかげ様で普通に生活が送ることができ、仕事もでき
みーちゃんがいなくなった毎日はとても信じられなく
悲しく淋しいですが
私は前に進んでいくしかないんだなと思っています。
今みーちゃんの為に私ができることは
私が毎日笑顔で、ごはんを食べて、みんなとほのぼの過ごして、
好きな仕事を続けていきいきと毎日過ごすことだと思います。



正直、詳しく書こうか迷いましたが
いままでお世話になった方、同じく大切な大切な愛犬を亡くされて
ペットロスになっている方が少しでも励みになったらと思い
筆をとりました。
でも、なによりも自分の為なのかもしれません。
こうして整理することで、
みーちゃんとの思い出をずっと忘れず
心に留めておきたかったから。





以下、みーちゃんが頑張った日記です。



8月17日朝、みーちゃんがご飯を食べなかった。
ご飯を食べないことはありえないので、おかしいと思い
顔を見てみると瞬膜が出ている。
ワンコは具合が悪いと目頭から膜が出てくる。
鼻水も出ていて元気がなく、すぐ病院へ向かった。

血液検査で血糖値が下がっていた。
ダックスで低血糖は滅多にないことなのでびっくりした。
体温も36.7℃(犬の平熱は38℃前後)
膵臓の検査もしたけれど、外部に出したので2,3日かかるとのこと。
補液(点滴)をして念のため膵臓の薬も入れた。
夕方6時頃、また補液に病院に来る約束で自宅に一回帰った。


低血糖のため、2時間おきに
薄めたポカリに砂糖を溶かした水をのませた。
なんとか飲んでくれた。
午後4時過ぎ、2回目を飲ませようと思って体を触ると
いつものみーちゃんの温かさが感じられなかった。
あわてて体温を計ると36.2℃に下がっていた。


6時まで待っていられない。
病院に急いだ。
向かう車の中で涙がでた。
入院かもしれない。。


院長先生がみーちゃんの様子を見て
入院しようと言いました。
自宅にいても何もしてあげられることができないから
私は泣きながら、はいとうなずいた。


夜にまたバスタオルを届けにアロパパと病院へ向かいました。


ケージの中で点滴をうけながら横になっていましたが
私達が近付くと気がついて
力を振り絞って頭を持ち上げてくれました。


「いーよみーたん。おねえたんわかってるよ」

と手のひらでアゴを支えると安心したようにまた横になりました。
何回も何回も頭を持ち上げました。
2時間近く面会させてもらい、緊急連絡先も病院に伝えて
みーたんに「また来るからね」と言って後にしました。


そのあと、アロパパから
まさか亡くなってしまうとは思わなかったから

「みーちゃん○○(私)に会えて幸せそうな顔してた。
 このまま天国にいっちゃうんじゃないかって思った。。」

って言われて、

「ほんと!?みーちゃん私に会えて幸せだったんだ。
 よかった。。私も幸せ。
 大丈夫、先生もいるし明日には少し元気になってる。」



でも帰ってから夜も一睡もできなかった。




朝7時半に動物病院からすぐ来てくださいと電話があり
飛び起きて病院へ車を飛ばして車の中では一人、泣き叫んだ。
とても暑い日でセミも鳴いてたけど、車の騒音もなにも聞こえなかった。


「みーちゃん、やだよ。おねえたんやだよ。」



病院に着くと院長先生が付きっきりで診てくださっていました。
先生が電話をくださる30分前に急に痙攣が始まったと聞かされました。
トランキライザーを注射して眠らせていると。
痙攣は自分の意識とは無関係に体中に力が入るので、いろいろな部分に
障害がでてくるので痙攣はすぐとめなければならないと。



院長先生はてんかん発作に似ている痙攣発作だとおっしゃいました。
トランキライザーは1回注射すると、2,3時間眠り続けました。
みーちゃんは診察台に横たわっていたのですが遊泳運動といって、
前足も後ろ足も歩いてるかの様にずっと動いていました。
運動があまり好きじゃないみーちゃんがあんよを一生懸命動かしていました。


一生懸命、生きたい生きたいと頑張っている様でした。


「いっちにっ、いっちにっ。みーたん、みーたん、いっちにっ、いっちにっ」


みーたん頑張れと涙と鼻水を垂らしながら私は声をかけ続けました。
休診日だった診察室に何時間も何時間も私の


「みーたん、みーたん」


という声が響いていました。





休診日だったけど予約の患者さんがいらして隣の診察台で診察を受けていました。
同じレッドのダックスちゃんで、気づいて見たら、飼い主さんが泣いていました。
みーたんを見て泣いてくれていた。
それを知って私も涙が出てきた。
心の中で、ありがとうございます、と感謝した。


「みーたん、みんなが力を分けてくれてるよ!!」







トランキライザーから覚醒しそうになった時、また発作が起こりました。
先生がすぐ点滴しているチューブの連結部分からトランキライザーを入れました。
すぐまた寝ている様な姿に戻りました。



酸素ボンベからチューブで口元に酸素も送っていました。
酸素も与えすぎると血中の二酸化炭素濃度が薄まってしまうので
ある程度おきに2,3分口元からチューブを離しました。
体温も不安定でバスタオルに包まれているみーたんの体を
ドライヤーで温め続けました。
何時間も経って、夜眠れなかった私は
診察台の上のみーたんに覆いかぶさるように抱きしめて
みーたんのお顔の前に顔をうずめてゆっくり流れる時間を
みーたんと一緒に過ごしました。


昔は動物看護士の勉強もしていて、勤務時代はたくさんの子が亡くなるのを見てきたから状態をみればだいたい予想がついてしまう。
こんなこと考えちゃいけないと思いながらも、


「みーちゃんありがとう、おねえたんすっごく幸せだったよ。」


涙が目にあふれて、みーちゃんがゆがみました。
泣き続けて、コンタクトが曇ってずっとモヤのなかにいるようで
天国ってこんなとこかな〜みーたん。
これは夢かも・・夢であってよ・・
と何回も思いました。



その日は、竹串を飲み込んでしまったダックスちゃんが手術で
一命を取り留めました。
老犬の小さいチワワちゃんも頑張っていました。


「みんな、頑張っている」
「だからみーたんも大丈夫」


夕方その子が急変して、先生たちが処置をしていました。
となりの診察台で「がんばって!」とチワワちゃんを想いました。


「みーたん頑張ろう」とみーたんをみると、
呼吸をして動いているはずの胸が動いていませんでした。


「先生、呼吸が止まって・・・・!!」泣


先生が飛んできて、心臓マッサージをしていったんは呼吸が
戻りましたが、すぐに人口呼吸器と心拍のモニターをつけました。


母とアロパパに「すぐにきて!!」と電話をいれました。
携帯のボタンを押す手は震えていて、早く早く!と思いました。



心拍はあるものの安定せず
「みーたん!!みーたん!!」
大声で叫びました。
するとモニターが「ピ、ピ、ピ」とまた心拍が戻りました。
強心剤かなにかを先生が何本も点滴のコックから入れました。


母が到着して、しばらくしてアロパパが到着しました。


19時になりいったん仕事で、母を病院に残して自宅に戻りました。
アロパパの運転で飛ばしてもらい病院につくという時に母から
「いまどこ?はやく」と電話があり、病院に飛び込みました。
この1時間、いつ止まってもおかしくなかったみーちゃんの心臓は
先生の処置もあり安定していましたが、私達が到着した途端、
心拍がみだれました。
先生が心臓マッサージをしてくれました。
何らかのショックで肺が損傷し、
肺から血液が人口呼吸器へ逆流してきます。
意識は朝から無かったけれど、苦しそうで・・・
このまま延命措置を続けても元気な姿でお家に帰れることはないと
わかりました。



20時前
もうみーたんを楽にさせてあげたかった。
「せんせい、もう、みーたんがんばりました。もういいです。」
私がみーたんに最後に出来ること。
みーたんを楽にさせてあげること。

先生も口をぎゅっとむすび、うなずきました。




「ピ、ピ、ピピ・・・ピ・・・・・・ピ・・・・・・」




みんなにみとられてみーたんは息を引き取りました。

先生が「ほんとうに待っていたんだね」と言いました。
涙がさらにあふれました。
私のことを最後の最後まで待っていてくれた、
心優しいみーたんでした。


先生が駐車場までみーたんを抱っこして見送ってくれました。
帰りの車の中では私の抱っこで帰路につきました。
まだ温かくって眠ってるみたいでした。



大好きだったお家に帰りました。
4頭もわかっているようでした。


アロハはお庭で帰りを待っていて、みーたんの匂いをかぎ、
神妙な顔つきで、深いため息をついて、お座りしました。


ジョディは、天国へ行けるんだから!と
その上を行く境地のような雰囲気でおだやかでした。


チップは認めたくないようで、
「ちっくん、みーたんお別れ言おうよ」と呼んだけれど
何度呼んでも近寄ってきませんでした。


バンビは最初不思議そうな顔で匂いを嗅いでいました。
驚いたのが次の日、バンビはみーたんのまわりのバスタオルを
みーたんに被せるかのように色々な方向から鼻でクイクイと
持ち上げ始めました。
その行動は10分間も続きました。
私は
「バンちゃんわかってるのね。みーたんお顔が見えなくなっちゃうね」
とバンビが被せたバスタオルを元に戻すと、
また鼻でみーたんの顔が隠れるまで被せ始めるのでした。
自分の母親を、土をかけて葬っているように見えました。。
なんともせつなく、急に母親を亡くしたバンビに
かける言葉がでませんでした・・。



つくば市内のペット霊園へ20日夕刻での個別葬の予約をいれました。
4頭と私達と離れては可哀想と、霊園では個別火葬だけしてもらって
お骨はみんなのいるお家へ持ち帰ることは決まっていました。


亡くなった日の夜は、みーたんを横に寝かせて一緒に眠りました。
2日振りにショックと疲れで不思議と眠ることができました。
19日朝起きると38度の熱があり、
体もだるく横になるしかありませんでした。
ショックで熱を出すなんて初めてでした。
火葬の前の日だったので、今日みーたんを綺麗にしてあげたいと
思っていたのですが一日中横になっていました。
今思えば、熱を出したのも、みーたんが
「できるだけおねえたんと一緒にいたい」
と思っていたからなのかもしれないな、、と思いました。



20日昼まで横になっていました。
母が帰宅して昼過ぎからみーたんの最後のトリミングを始めました。
母に一部始終ビデオカメラをまわしてもらいました。
私がトリマーで何百というワンコを今までシャンプーしてきたけれど
亡くなった子をシャンプーするのはもちろん初めてでした。
シャンプーする前から、「みーたんに勉強させてもらおう」
という気持ちでいっぱいでした。



寝たままの体勢なのでシャンプー剤がきちんとすすげるように
床も工夫しました。
首がすわらないので自分の腕全体を使うように
お尻から頭を同時に体勢を変えました。
右半身を洗ったら右半分のお顔を洗い、体位を交換し
左半身と左半分のお顔を洗って流し、
右半身も流し、さらにもう一度左半身を流し、
コンディショナーを付け、流し、右半身も付け、流すという手順で行いました。

こんなに気持ちを込めてシャンプーしたのは初めてでした。

11年8カ月歩み続けたあんよも、肉球も、
とても美人さんで可愛かったお顔も、
パタパタパタとほんとうによく振ったしっぽも、
丁寧に優しく洗いました。


乾かしてからはちゃんと天国まで歩いて行けるように
爪を切って、足回りを整えました。
実はみーちゃん、サマーカットで背中にリボンの形を
カットしていました。
「天国にいったらみんなに笑われちゃうかな??」と思いました。
「でもみーたんなら天国でもモテモテになっちゃうね〜」
とみーたんとお話しながらトリミングしました。

お耳の毛を整えて、最後に
今年のお正月に私が作ってあげたお着物を着せてあげました。

IMG_0589.jpg

まさかこのお着物が旅立ちの衣装になるとは
夢にも思っていませんでしたが、
とても似合っていて素敵なお着物で送り出せることを嬉しく思いました。



夕方4時

自宅から10分ほどのペット霊園に
私、アロパパ、母、祖母と向かいました。
ワンコも火葬に立ち会えるというので4頭も一緒に連れて行きました。


お着替えの服やリード、おやつ、
みんなで撮った思い出の写真やお花を添えて、
そして、みーたんの大大大大好きだったホームベーカリーで焼いた
食パンを一斤まるまる持たせました。

「みーたん、食いしん坊だったから天国に行くまでパンもつかな〜」

「みーたんなら2日くらいで食べちゃいそうだね」

みーたんが一斤も独り占めしてムシャムシャ嬉しそうに食べてる姿が
浮かんでみんなで笑いました。



待っている時間は、施設の裏の空き地でお散歩しました。
建物から煙突がゴーゴーと音をたてていました。
私はその真下で、胸いっぱいに空気を吸いました。

みーたん天使0001.JPG

チップもバンビもジョディもアロハの胸のなかにも
みーたんはずっと生き続けるんだ。
私たち生き物は「土に還る」ということを理解できたようなおだやかな時間でした。




1時間位経って呼ばれました。

11年間お疲れ様と涙があふれました。
職員の方に説明を受けました。
人間のように喉仏もしっかりと残り、仏様が手を合わせているような形でした。
ダックスらしく短い脚もしっかりと太く、
この足でずっと歩んできたんだね、と思うと愛おしくなりました。

私は霊園に行く前から、みーたんのお骨は私の素手で骨壷に収めたいと
決めていました。

軽くてもずっしりと重みがあり、チップとバンビに
「みーたんありがとうだね」と言うと
2頭はペロッとみーたんを舐めました。

みーたん天使0004.jpg
  バンビ             チップ


みーたんはこの子達のなかでも生き続けるんだ。


ひとかけら残さず私の手で壺に入れました。


小さいピンクの骨壷に納まってしまいましたが
よいお見送りができてほっと安心しました。



みーちゃんには本当に最後の最後までいろいろなことを教わりました。


まだまだ毎日涙が出るけれど、
みーちゃんから教わったこととたくさんの幸せな想い出を胸に
またこれから一歩一歩みーたんと一緒に前向きに歩いていこうと思います。



こう思えるようになったのも、支えてくださったみなさまのお陰です。


A動物病院の院長先生ありがとうございました。
先生が懸命につきっきりで診てくださり感謝してもしきれません。
先生にお願いして本当に良かったと頭が下がる思いです。

そして、
素敵なお花やあたたかいお言葉をいただきましたお客様やお友達
みーたん天使0007.jpgみーたん天使0008.jpg
みーたん天使0005.jpg
お線香をあげてくださったみなさま、
メールでお気使いくださったみなさま
本当にありがとうございました。





   「みーたん、今度生まれ変わったら
          おねえたんのこどもで生まれてきてね。」

IMGP0339.jpg





              2009・9.9  アロママ




みーたん、ありがとうリボン

拍手する





ニックネーム アロママ at 17:15| Comment(6) | TrackBack(0) | うちの看板犬たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする